西山刈羽福祉会の特長

栄養ケア

当法人では、自立支援介護には栄養状態の改善は必須であると考えております。
現状よりも少しでも体調が良くなるよう、またその状態が少しでも長く続くように栄養ケア、食事の提供を行っていきます。

特養入所者様

  • 入所時に身長・体重・食事・水分の摂取状況などの情報をもとに低栄養状態のリスクを確認します。
  • 低栄養状態のリスクや、利用者様の体調・食事等の摂取状況に応じて医師、管理栄養士、看護師等で共同して栄養ケア計画(栄養補助食品の提供や水分ケアの実施)を作成して、計画書に沿ってケアを行います。
  • 入所後は毎日食事・水分の摂取状況・排便の状況・体重の変化・体調などを確認しながら、食事の常食化や、下剤を減らすケア(食物繊維、オリゴ糖シロップ、ビフィズス菌の提供など)又、口から食事を続けるためのケアを行います。

通所介護、短期入所介護ご利用者様

通所介護、短期入所介護ご利用者様 イメージ
  • 初回利用の際に低栄養状態のリスクの確認と、食事形態の確認を行います。
  • ご利用時に、食事の摂取状況・身体状況や体調を確認しながら状態に応じた食事を検討し、提供します。
  • 毎月体重測定を行い、体重の変化や食事状況を確認しながら、必要に応じて担当ケアマネージャーやご家族様に情報の提供を行います。
    食事に関して、ご家庭での困りごと、心配事などありましたら、お気軽にご相談ください。

ご利用者様の状況に応じて、水分代・栄養剤代・排泄に関する経費を、実費にて負担をお願いすることがあります。